魚捕り網でブルーギルの一網打尽を試みた!

アウトドア
スポンサーリンク

先日、会社の上司、後輩と海釣りへ行ってきました。

台風25号が日本を通っている最中で雨風はあったけど、皆行く気満々なので強行釣行をすることに。

釣具屋へ行った時に上司が、夜になって海面にライトで明かりを照らすとハゼが寄ってきて、魚捕り網(虫捕り網みたいな取っ手があって魚をすくう形状の網)で捕まえられるというので、魚捕り網を買いました。

結果としては、ハゼを捕まえるのに適した場所がなかったので、釣りだけで終わったんですが、帰る途中で車の中で思いました。

 

この網で近所の池のブルーギルを一網打尽にできるんじゃないか?

最近は投網にも興味がある自分ですが、魚捕り網で一気に捕まえることができるのかを試してみることにしました。

 

そういうわけで、翌日近所の池のブルーギルの一網打尽について挑戦してみました。

 

ブルーギルとは?

 

ブルーギル(出典:WEB魚図鑑)

 

ブルーギルは北アメリカ原産ですが日本にも広く分布する特定外来生物(外来魚)です。成魚の体長は多くの場合20cm前後で、日本に生息する場合は最大で25cm程ですが、原産地の北アメリカでは40cmになる個体も確認されることがあります。

池、湖、流れの緩やかな川と幅広く生息し、汚濁のある水質でも生存することができます。悪食でも有名で水生昆虫、甲殻類、小魚、魚卵、ミミズ等の小動物の他、エサが少なければ水草も食べます。大きくなると、なんとブラックバスの巣も襲って親魚の隙をついて卵や仔魚を捕食することもあります。

日本への移入は、1960年に当時の皇太子明仁親王(今上天皇)が外遊の際にアイオワ州グッテンバーグで捕獲されたミシシッピ川水系原産のブルーギル15尾をシカゴ市長から寄贈され、日本に持ち帰ったのが最初になります。

その後水産庁淡水区水産研究所が食用研究対象として飼育しましたが、成長の遅さ等から養殖に適さないとされ、1966年に静岡県伊東市の一碧湖に放流されました。そこから人の手等によって日本各地の池等に放流され、現在では全国に広まっています。

悪食、繁殖力の強さ等から在来魚種の生態系維持に影響が強く及ぼしており、存在について強く問題視されている種類の魚です。

 

 

水面がブルーギルだらけ

以前から散歩で歩いている近所の池ですが、コイと一緒に大量のブルーギルが水面に見えます。

コイが食べているエサのおこぼれを貰って成長しているんですね。しかし、毎年のことながらすごい数のブルーギルです。

 

画像の小魚は全てブルーギルです。この場所以外にもたくさんブルーギルがいます。

 

昔から長年コイにエサをあげながら集まってくるブルーギル達を見て、エサで集めれば網で一気にすくうことができるんじゃないかと無意味に考えていたところに、魚捕り用の網を買った自分。

長年の想いを実践するしかない。

 

ブルーギルを捕まえてみたぞ!

早速ブルーギルを魚捕り網で捕まえてみることに。エサは家にあったパンを使います。

水中に魚捕り網をセット

水中に魚捕り網をセットします。魚捕り網の前にパンを投げてブルーギルが集まて来たところを、網でガッとすくう単純な方法です。

魚捕り網をセットしたところ、ブルーギルは異変を感じたのか少し離れていきました。少し距離を取って様子を見ているようです。

 

エサでおびき寄せる

網の周りの遠くから徐々にエサを撒いてブルーギルの警戒心を解いていきます。数分続けているとブルーギルの警戒心も薄くなってきたのか網に近寄ってきます。

この少しずつ警戒心を解いて罠に入れる方法は、イノシシでも同様です。なぜイノシシの話をするかって?自分は狩猟用のわな免許も持っているからです笑

ブルーギルですが、水中の網の中にエサを入れたところ、警戒心の薄れたブルーギルは網の中に入ってきました。

まだ我慢、もう少し引きつけます。

 

網を引く!

ブルーギルの警戒心もだいぶ薄くなってきたようで、網の周りに近づいてエサを食べる様になりました。時間的には網を水中に入れてから5分位でしょうか。

そろそろいいでしょう。網を一気に動かしてブルーギルをすくいます。

 

 

おりゃぁぁぁあ!!

ブルーギルが一斉に逃げていくー。

 

捕れた数は?

網をすくったところ、脱兎のごとく散っていったブルーギル達。網にはあまり重みを感じないが、捕れた数は・・・・。

 

3匹!うーん、3匹かぁ。

思ったよりも捕れませんでした。水面で網を動かすと、網が結構重くてその隙にブルーギル達が逃げてしまうようです。3匹では悔しいので、もう一度試してみます。

2回目ですが、ブルーギルは警戒しているのか1回目よりも距離を取って網の周りで様子をうかがっています。全匹あわせたように一定の距離を取って様子を窺っているので逆にすごいですよ。

 

それでも5分位続けていると少しずつですが警戒心が薄れてきました。

網の周りによって来たところで、もう一度勢いよく網をすくってみたところ・・・・

 

2匹。数が減ってしまった!

時間もあるし、警戒心も強くなってしまったのでこれでおしまいにしました。

 

ブルーギルの一網打尽は難しい

長年の想いを実現してみましたが、思いのほか、ブルーギルを一網打尽にすることはできませんでした。魚捕り網を水中で動かす時に思ったよりも重かったこと、ブルーギルの警戒心が強かったことが原因かなぁと。

これならば糸を垂らして釣るか、お魚キラーのような設置型の罠の方が効率はいいかもしれません。

もしくは大型の釣った魚をキャッチするランディングネットを使って一網打尽にするか(一万円位しますが)。

ブルーギルの一網打尽はなかなか難しいことが分かりましたが、これに限らずに色々挑戦してみたいものです。

コメント