安全なジュニアシートの選び方・使い方とは?

家事・育児
スポンサーリンク

子供がいる家庭では必需品のチャイルドシート、ジュニアシート。

自分も今、娘が2歳6か月で、来年新しく息子が産まれる予定です。現在、娘はチャイルドシートを使っていますが、息子が産まれる頃は3歳になり身長も考えるとジュニアシートが必要な時期になってきます。

数年前に姉の子供にジュニアシートを買う際に、店員に聞いて調べた知識や最新の情報をもとに記事にしようと思います。

 

そもそもチャイルド・ジュニアシートの使用は義務なのか?

 

知らない人もいるかもしれませんので、まず書くことにします。

チャイルドシート、ジュニアシートは子どもの安全のために使用することはあたりまえですが、そもそも法律的に使用しなければいけないのでしょうか?

 

答えは「使用しなければいけません」。

法律では、道路交通法第71条の3第3項で「自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。」とあります。

道路交通法でいう幼児とは6歳未満の児童を指し、幼児用補助装置はチャイルドシート・ジュニアシートのことになります。

つまり、6歳未満の幼児はチャイルドシート・ジュニアシートの使用は義務付けられているということです。使用していない場合は道路交通法違反になり、減点1点となります。反則金はありません。

6歳未満の子供を車に乗せる時は、必ずチャイルドシート・ジュニアシートを使用するようにしましょう。

 

ちなみに運転席、助手席でシートベルトを使用していない場合は違反により減点1点、反則金はありません。                                       後部座席に6歳以上の子供を座らせる場合、シートベルト装着義務はありますが、違反しても一般道の場合は罰則はありません。ただし、高速道路の場合は1点の減点になります。一般道で罰則がないとしても、子供は体重が軽く衝撃で後部座席からフロントガラスに衝突したり車外に放り出されることもあります。子供の安全のため、必ずシートベルトを使用するようにしましょう。

ジュニアシートを使う年齢の目安は?

 

ジュニアシートを使う年齢の目安は一般的に3歳~12歳と言われています。

しかし、子供によって発育の度合いが異なるので、一概に年齢で判断はしない方がいいです。身長と体重の目安としては、身長100cm以上、体重15kg以上になります。

身長が足らないと首にシートベルトが引っかかってしまったり、ベルトが上手く骨盤にかからずに帰って事故の危険性も高まってしまいます。また、体重が軽いとジュニアシートに安定しないため、この場合も事故の危険性を高める原因になってしまいます。

 

また、何歳までジュニアシートを使えばいいのかですが、道路交通法上は6歳未満の児童は使用は義務ですが、6歳以上の場合は義務ではありません。

しかし、この場合も一概に年齢で判断することなく、子供の発育具合によって使用を続けるべきか個別に判断をするようにしましょう。

大人用の3点式のシートベルトは身長が140cm以上で上手く機能するように設計されています。年齢が6歳以上でも身長が140cmに満たない時は、ジュニアシートを使う等して事故の危険性を低くするように努めるべきです。

 

ジュニアシートの種類は?

 

ジュニアシートは大きく分けて2種類に分けられます。

①背もたれあり

②背もたれなし(ブースター)

です。

 

背もたれあり

使用年齢の範囲は一般的に3歳~7歳頃までで、体重は15~25kg頃までが目安になります。チャイルドシートのように座席に置いて使用することができ、シートベルトで子供を固定します。

背もたれなしに比べると、スペースはとりますが、背面、横面から子供を包み込むことができ、安定性にも優れる為、衝撃にも強く安全性が高くなっています。

一方で背もたれなしに比べると価格は割高になります。子供の安全性を考えると、自分はこの背もたれありの方をおススメします。

特徴をまとめると次のとおりです。

 ①  価格は高い(5,000~数万円程)

 ②  3~7歳位までと使用可能年齢の幅が短い(幅の広い物もあります)

 ③  持ち運びが大変で車内のスペースを多く使う。シートベルトの取り付けも少し苦労する

 ④  子供は長時間の運転でも快適に過ごせる

 ⑤  背面、横面があるため安全性に優れる

 

背もたれなし

使用年齢の範囲は3歳~12歳頃までで、体重は15~35kg頃までが目安になります。座る高さを高くして、シートベルトが首にかからないように調整することができます。

値段は安価ですが、背もたれありに比べると安定感が下がります。子供がいる方なら分かると思いますが、子供はなかなか大人しく座っていません。きちんと座っていないと、事故の際に衝撃を上手く逃がすことができず、また背もたれがなく包み込みもないため、左右からの衝撃にも無防備になります。

一方、背もたれありに比べるとコンパクトのため、取り回し等には優れています。

まとめると特徴は次のとおりです。

 ①  価格は安い(2,000~5,000円程)

 ②  3~12歳位までと使用可能年齢の幅が広い

 ③  コンパクトなので持ち運び、取り回しは楽。シートベルトの取り付けも簡単

 ④  車のリクライニングが使える

 ⑤  安全性は背もたれありに劣る

 

ジュニアシートを購入する時、使用する時の注意点!

最後にジュニアシートを購入する時、使う時の注意点を書いておきます。

購入する時の注意点

車種に対応しているか確認しよう

ジュニアシートが設置する車にきちんと適合しているか必ず事前に確認をしましょう。分からなければお店に聞いて調べるのが安心です。適合していないと、上手く設置できなかったり、子供の安全性が保てません。

子供の発育に合わせて購入しよう

3歳を超えたからといって安易にチャイルドシートからジュニアシートに切り替えないように!子供の体重、身長も考えたうえで、該当するチャイルドシートを探しましょう。

Eマークのついたジュニアシートを探そう

国土交通省の安全基準を満たしたチャイルドシートを購入するようにしましょう。安全基準を満たしている場合は、

・2012年6月以前は「自マーク」

・2012年7月以降は「Eマーク」

がついています。安全基準を満たしていないシートがインターネットで販売されていたという情報もあります。子供の安全確保のため、必ず確認しましょう。

 

使用する時の注意点

助手席に取り付けないようにしよう

助手席に取り付けると、衝撃があった際にエアーバックが作動して子供に衝撃を加える、車がぶつかった際にフロントガラスに衝突する等、大変危険です。シートは必ず、後部座席に取り付けるようにしましょう。

きちんと取り付けられているか乗る前に確認を

シートはきちんと車に取り付けられていますか?不備があった場合、一時のミスで子供の命が危険にさらされます。子供を車に乗せる時は、その都度シートの取り付けの確認をするよう心掛けましょう。

今回はジュニアシートに関する記事を書いてみました。ジュニアシートを買う時、使う時の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。

コメント