喪中はがきって何?はがきを出す時期、親族の範囲、マナーは?

喪中はがき ライフハック
スポンサーリンク

少し前に、自分のおばあちゃんが亡くなったので、喪中はがきを出すことになりました。

身内が亡くなるということはめったにあることではないので、通夜、葬式等のルールはなかなか知らないものです。

また、年賀状のやりとりをしていると1年に何通かは送られてくる「喪中はがき」。この喪中はがきも身内が亡くなった際は、送らなければなりません。

 

年賀状のやりとりの中で目にする喪中はがきですが、自分が送る立場になると、その意味、出す時期、出す身内の範囲、その他の細かいルールについては中々知らないものです。

この記事では、喪中はがきの細かいマナーについて紹介します。

 

喪中はがきとは

喪中はがき

喪中はがきは、年賀状が出せない理由を知らせるもののことで、「年賀用の欠礼はがき」、「年賀欠礼状」等とも呼ばれます。

親族が亡くなった後の喪中に服すので、新年のあいさつを遠慮させていただく際に相手に伝えるはがきになります。

喪中は故人を偲ぶ期間で、お祝いごとに関わる気持ちになれないという期間になります。お祝いの場やめでたい場所への参加は辞退し、また年賀状、正月行事等のハレの行事に対して控える必要があります。

喪中の期間は宗派などによっても異なるので明確に定められているわけではありませんが、一般的には配偶者・両親の場合は1年程度、自分の子どもの場合は3カ月~1年程度、祖父母の場合は3カ月~6カ月程度とも言われています。

 

喪中はがきを出す時期はいつ?

 

喪中はがきは「年賀状の欠礼はがき」というほどですから、相手が年賀状を出す前までに相手に届くように出す必要があります。

年賀状の受付開始は毎年12月15日のため、遅くともそれまでには相手の手元に届くように準備をします。

 

時期としては、一般的に11月中旬~12月初旬に相手に届くようにするのが礼儀です。

 

また、喪中はがきは「喪に服しているのでお祝い事として年賀状の送付を辞退させていただく」という意味なので、喪中はがきを送っていない相手から年賀状が送られてきても問題ありません。

そういった場合は、喪中のため年賀状を送ることができなった旨のお知らせを、「寒中見舞い」として1月7日~2月3日までに年賀状を送られてきた相手に送るようにします。 

 

喪中はがきを年内に出すことができなかった場合

喪中はがきは遅くても12月15日に相手の手元に届くようにするのがマナーですが、12月10日過ぎに親族が無くなってしまった場合や、あってはならないことですが、例年通り年賀状の準備を始める12月15日過ぎに今年は身内が亡くなっていたので喪中をはがきを送らなければいけなかったのに忘れていた・・・!、ということも起こりえます。

 

喪中はがきを年内に出すことができなかった場合は、上に書いた通り、「寒中見舞い」で対応することになります。

寒中見舞いは松の内を過ぎてから相手に出すようにし、この松の内は門松等の正月飾りを飾っておく時期になります。

一般的には、年賀状を出す時期と被らないように1月7日~2月3日までに送るようにします。

喪中はがきを出していない相手から年賀状が届けられた場合も寒中見舞いを出すようにします。

 

喪中はがきの身内の範囲

 

両親が亡くなった際に喪中はがきを出さないというのは一般的に分かりやすいのですが、兄弟や親戚など場合によっては喪中はがきを出すべきか判断に迷う場合があります。

 

一般的な喪中はがきを出す親等の範囲は「1年以内に2親等までの親族が亡くなった場合」が目安です。

親等の考え方は、

■故人の0親等・・・・・・・妻、夫

■故人の1親等・・・・・・・両親、妻、夫、子供

■故人の2親等・・・・・・・兄弟姉妹、祖父母、孫

 

しかし、これは1つの目安で2親等以内であっても同居していない、特別な事情等によって喪中はがきを出さない人もいますし、一方で2親等以外であっても深い付き合いをしていたという理由で喪中はがきを出す場合もあります。

喪中はがきを出すかどうかの判断は親等以外に以下のことを目安にしてみましょう。

 

  • 深い付き合いがあったか
  • 同居していたか
  • 絶縁等特別な事情がないか

絶対ではありませんが、喪中はがきを出す際の1つの目安となるはずです。

  

喪中はがきを送る範囲・送らない範囲

ポスト

喪中はがきを送る相手の範囲・送らない相手の範囲の目安は以下のとおりです。

 

喪中はがきを送る範囲

基本的には、普段年賀状のやりとりをしている相手に送るようにします。

その他、故人の葬儀の喪主を務めた場合は、故人が生前年賀状のやりとりをしていた相手、葬式に参列してもらった人にも送るようにします。

 

喪中はがきを送らない範囲

喪中ということを知っている、親族、親戚には喪中はがきを送る必要はありません。しかし、何らかの事情で喪中ということを知らない親族、親戚には喪中はがきを送る場合もあります。

また、仕事関係で年賀状のやりとりをしている相手については喪中はがきを送る必要はありません。

 

喪中はがきで使うはがきと切手は?

喪中はがきで使うはがきは、郵便はがきや市販のはがきで弔辞用として販売されている物を使います。弔辞用はがきはネットで購入することもできるので、活用すると非常に便利です。

 

また、切手は「弔辞用切手」を使うことがマナーとされており、郵便局で購入することができます。

 

 

喪中はがきの文例は

喪中

喪中はがきを自分で作成する場合は、以下の文例を参考にしてみてください。

 

故人名、続柄なし文例

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます 本年中に賜りました
ご厚情に深謝いたしますとともに 明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
寒さに向かう折から皆様のご健勝をお祈り申し上げます

平成○○年○○月
差出人住所
差出人氏名

故人名、続柄有りの文例①

喪中につき年末年始のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます
本年○月 祖母○○が○○歳にて永眠いたしました
永年にわたるご厚情に心から御礼申し上げます
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

※ 享年を使う際は数え年にすること。文面の使い方は、「本年 ○月 祖母○○が享年〇〇歳にて永眠いたしました」等とします。

 

故人名、続柄有りの文例②

今年○月に父 ○○○○が他界致しました
新年のご挨拶を申し上げるべきところで御座いますが
喪中につきご遠慮させていただきます
なお、時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます

急なご不幸を伝える文例

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます
本年○月に父 ○○が急逝いたしました
生前に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほど謹んでお願い申し上げます

故人が複数名の文例

喪中につき年末年始のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます
本年○月 父○○○○が○○歳にて永眠いたしました
本年○月 母○○○○が○○歳にて永眠いたしました
生前のご厚誼を深く感謝申し上げます
なお時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

インターネットの作成サービスを使う

自宅にパソコン、印刷機、Office、その他のソフトを持っている場合は自宅で喪中はがきを作成することができますが、最近ではそういった機器を持っていない場合もあります。

また、ハガキや切手、文面の準備も結構煩わしいものです。

そういった際に活用できるのが喪中はがき作成のインターネットサービスです。

 

最近は年賀状もインターネットサービスを使って送る人も多いのではないでしょうか。特に枚数が多くない人や、喪中はがきを送っていない人から年賀状が数通来た・・・という場合は少しの枚数に対して自分で印刷から対応するのは手間なのでインターネットサービスを使うという手もあります。

 

すぐに依頼ができるので、インターネットサービスを使うというのもおススメです。

 

【まとめ】喪中はがきは忘れずマナーを守って対応しよう

身内が亡くなるというのはそう頻繁に起こるものではありませんが、だからこそきちんと対応をしなくてはいけません。

特に最近はそういった冠婚葬祭のマナーについて学ぶ機会が減少しているので、すぐに対応が分からないことも多々あります。

 

自分で準備する、インターネットサービスを使うなどしてきちんと対応して、故人を偲んであげるようにしましょう。

 

本日の記事は以上になります。最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

コメント