サツマイモの収穫時期と収穫後の保存方法を知ろう!

サツマイモの収穫時期と保存方法 グルメ
サツマイモの収穫時期と保存方法
スポンサーリンク

こんにちは、ユウタです。

自分は、現在市民農園で野菜の栽培をしていますが、ちょうどサツマイモの収穫を行っています。

所で皆さんはサツマイモの収穫時期と収穫後の保存方法について知っていますでしょうか。サツマイモは土の中で育っているので時期を間違えると美味しい状態で収穫することができません。

また、保存方法も間違えると糖度がのってこなかったり、保存期間が短くなってしまったり、場合によってはカビたり腐ってしまうこともあります。

 

この記事ではサツマイモの収穫時期と収穫してからどのようにすれば美味しく長期間保存をすることができるかについて記事にします。

 

品種別の収穫時期

サツマイモの品種別収穫時期

サツマイモは品種ごとに収穫時期が異なります。品種ごとに適した収穫時期を考えて美味しい状態で収穫をするようにしましょう。

代表的なサツマイモの品種と収穫時期は次のとおりです。

 

品種収穫時期
安納芋9月下旬~12月上旬
紅はるか10月~11月上旬
紅芋10月~11
シルクスイート9月下旬~10月
鳴門金時8月下旬~11月

 

収穫時期の判断方法

収穫時期の判断方法

  

収穫時期の基本的な判断

収穫時期は、基本的に植え付けから約4ヶ月後になります。

5月から6月にかけて植え付けしたさつまいもの収穫時期は、その4か月後の9月から10月になります。品種によっては、5月中頃に植えて8月のお盆頃から収穫できる早生品種もあります。

 

また、収穫時期は、品種や植え付けした時期だけではなく、気温や標高によっても差がありますが、サツマイモの腐りを防ぐためにも、霜が降り始める前の11月初めまでには収穫を済ませるようにしましょう。

 

見た目からの判断の仕方

収穫時期は栽培日数で見るほかに、葉の様子を観察することでも見極められます。

緑の葉の色が薄くなり、赤や黄色に変わってきて、しんなりと枯れた状態になったら、収穫時期が近付いているサインです。

 

葉が枯れるのは、栄養が実にしっかりと行き渡っているからなので、さつまいもが順調に育っている証拠です。

見た目からの判断基準として、葉の状態を見ると生育具合がわかります。

 

収穫方法

収穫方法

それでは実際にサツマイモを掘ってみましょう。掘ってみると分かりますが、サツマイモを掘るのは意外と重労働です。

苗を3本掘るだけでも、10月位であれば結構汗をかきます。

タオルと飲物を用意しながら、なるべく朝早くや夕方の気温も高くない時間帯を選ぶと快適に作業ができるはずです。

 

試し掘りをする

収穫のタイミングを計るために、必ず試し掘りをするようにしましょう。収穫できる大きさになっているか、1つの苗だけ掘って確かめる作業です。

 

掘り出したさつまいもが十分成長していれば収穫します。収穫に適した大きさは、20~25cm程ですが、品種によって異なります。

さつまいもがまだ小さければ、土を元の通りに被せ、栽培日数をあと2週間延ばすと、程よい大きさのさつまいもが収穫できます。


試し掘りであらかじめ大きさを確認することで、予定していた収穫日を早くしたり、または遅くしたりと調整します。試し掘りは収穫予定時期の1か月前に行うとその後の予定も組みやすくなります。

 

ツル切りをする

サツマイモは成長するとツル、葉が大きく成長し、芋の収穫時に非常に邪魔になります。

さつまいもを掘り起こす際は、まず鎌、剪定鋏などを使ってツルを切り取って一箇所にまとめるようにします。

ツルを切っておいた方が掘り出す作業が楽になるため、ツルの根元を引っ張り上げ、地上4~5cm残して切り取ります。

 

サツマイモの掘り方

掘り方のコツとしては、掘り出しやすいように、スコップ、鍬でさつまいもの周りの土を柔らかくして、周りから少しずつ土を掘り起こしていくことがコツ。場合によっては、途中からは手で周りの土を丁寧によけながらサツマイモまで進みます。

 

スコップ、鍬をいきなり土に深く突き刺してしまうと、さつまいもを傷つけてしまいます。

さつまいもを傷つけると、切り口がカビたりして、傷みやすくなるので慎重に掘り出しましょう。

 

収穫の際の注意点

雨天時・雨天直後の収穫は避ける

さつまいもは表面が濡れると劣化が早くなり腐ってしまうので、収穫に適した日は、晴天が2、3日続いた晴れた日を選びましょう。土が程よく乾燥した日が最適です。

また、雨の後は足場も悪く、作業効率も低下します。

 

株ごと引き抜いて収穫する

1本ずつサツマイモを掘り起こすのは中々疲れますので、株ごと引き抜きましょう。

 
伸ばしたツルから根が大きく成長する塊根をつけているサツマイモは、ツルが繋がっているので、1つの株から複数個のサツマイモが次から次へと出てきます!

ただし、土が少し硬めの時に無理に株ごと引っ張るとサツマイモが折れてしまうことがあるので、そういった時は1本ずつ収穫をするようにしましょう。

 

収穫した後の保存方法

収穫方法

 

天日干しをする

天日干しサツマイモ

さつまいもを一つ一つ切り離し、泥つきのまま2〜3日ほど天日干しをして、さつまいもが乾いたら、ついている土を払い落としてください

さらに1週間日陰干しをすると、余分な水分の吸収を防げるので、より日持ちします。

 

土を払ったサツマイモ

 

紙で包んでダンボール等で補完する

紙で包んだサツマイモ
紙で包んだサツマイモ

さつまいもを保存するときは、新聞紙等で一つずつ包んで、ダンボールに入れて保存します。ダンボールのふたは閉めて、上部に通気穴を開け、通気性を確保するとよいでしょう。

 

貯蔵に適する場所は、温度が13~15℃、湿度が80%程度の場所です。家の中では温度変化が少ない廊下や床下収納庫などの冷暗所が適しています。

 

温度が12℃以下になると低温障害を起こし腐る原因になりますので注意しましょう。農家では畑に穴を掘りもみ殻を入れてさつまいもを保存する方もいるようですが、家庭ではこのような方法で保存します。

 

サツマイモを水で洗わない

収穫後に気を付けたいことは、さつまいもが水分を含むと腐る原因になるので泥で汚れているさつまいもを水洗いしないこと。

 

そのため、天日干しの際にも土をつけたままで、干した後に土を払います。

コメント