ダッチオーブン・スキレットのシーズニング方法を紹介

アウトドア
スポンサーリンク

キャンプや家庭料理で活躍する鉄のフライパン、スキレット。スキレットはここ数年で一般家庭にもなじみが深くなってきました。

ダッチオーブンよりも重量が軽く、保管スペースも小さいため自由度が広いですよね。肉や魚の焼き料理からパエリア、アフィージョ等の料理を作ることもでき料理の幅が広がります。

美味しい料理の幅を広げることができ、ダッチオーブン以上の手軽さがスキレットの魅力です!

 

 

 

また、キャンプで大活躍するユニフレームのファイアグリル。キャンパーの中では定番商品ではないでしょうか。

焚火台になり、また、金網を載せてグリルにすることもできる、鉄板を乗せて焼きそばも焼ける、ヘビーロストルを装備しダッチオーブンを載せて料理もできる等、用途はとても広く、ファイアグリル1台あればキャンプにおける火周りは全て何とかなってしまいます。

 

(ファイアグリル+エンボス鉄板:ユニフレーム公式HPから)

 

ファイアグリルは自分もフル活用しています。こちらも畳むことができ、通常のキャンプグリルよりもコンパクトに持ち運べるのが魅力です。

ファイアグリルの別販売で買えるエンボス鉄板ですが、鉄板表面にエンボス加工がされていて食材がこびりつきにくくなっています。またフッ素加工などされている鉄板ではないので、炒め物などの料理の際は表面の傷つきを気にせず鉄ヘラなどで、使った後はたわし等でガンガン洗うことができるのが魅力です。

 

(エンボス加工:ユニフレーム公式HPから)

 

ソロキャンプで焚火台に使っている記事はこちらに書いています。もちろん焚火台以外にも、金網、エンボス鉄板を使ってグリルとしても使いました!

ファイアグリルのレビューについては改めて記事にしようと思います!

 

さて、このスキレットとファイアグリルのエンボス鉄板ですが共通点があります。

それは買って始め、料理後の手入れ(シーズニング)が必要ということです。

 

最初はめんどくさいなぁ、と思うかもしれません。しかし、使っているうちに愛着がわいてきて不思議とシーズニングが楽しくなっちゃうんですよ。

そうなればしめたもの笑。稼働率も上がり、どんどんいろんな料理に使ったり、野外で使うようになります。

 

ちなみに、この記事ではエンボス鉄板とスキレットのシーズニングについて書いていますがダッチオーブンも同様の方法でOKです。

シーズニングに挑戦して愛着を持ちましょう!

 

 

なぜ手入れが必要か

ダッチオーブンなどでシーズニングが必要という話を聞いたことがある人も多いと思いますがそもそもなぜシーズニングが必要なのでしょうか。

理由はスキレットを錆び(サビ)させないようにするためです。

 

ダッチオーブンやスキレットは鉄のため、すぐに錆びてしまいます。そのため、使った後は、錆びないように手入れ(シーズニング)を行う必要があります。そして、使用後にシーズニングを続けていくことで、調理器具が錆や焦げに強いブラックポットという状態になります。

使えば使うほど馴染んでいく、面白い調理器具といえます。

 

 

 

シーズニングの方法

シーズニングには行う順番がありますが、簡単にいえば「油を馴染ませる」ということです。

また、買ってまず初めに行うことと、料理の後に行うシーズニングがありますそれぞれ分かりやすく説明します。

 

買って初めに行う手入れ

ここではダッチオーブン、スキレット、エンボス鉄板は共通して「鋳物器具」と表現します。単純に分かりやすくするためです笑

 

①購入したダッチオーブンなどの鋳物器具に水を張り、火にかけます。

②40℃(お風呂のお湯)くらいになったら、火を止めます。

③お湯を流し、洗剤とたわしを使ってゴシゴシと洗います。蓋があれば同様に洗いましょう。
①~③を錆止めのワックスの油分が浮いてこなくなるまで2~3回繰り返します。ワックスを落としきったらタオルで拭き、自然乾燥させます。

④乾燥したらキッチンペーパーなどを使って鋳物器具にオリーブオイルを薄く塗りましょう。

 

⑤オリーブオイルを塗った鋳物器具を火にかけ加熱します。

⑥白い煙が立ち込め鋳物器具が黒くなっていきます。煙が出なくなったら火を止めてそのまま自然に冷まします。

 

⑦鉄臭さを取るために、オリーブオイルをひいて香草やくず野菜を炒めます。セロリなどを焼くといい香りが付きます。

⑧炒めた野菜を捨て、キッチンペーパーで油をふき取ります。

⑨キッチンペーパーを使って全体にオリーブオイルを薄く塗ります。煙が出なくなるまで熱したら、そのまま自然に冷まします。

➉最後にキッチンペーパーで薄くオリーブオイルを塗って新聞紙などの吸水性の高い紙でくるんで風通しの良い場所で保管して終了です。

 

最初にしっかり上の要領で錆止めワックスを落とさずに、いきなり料理を始めてしまうと臭くてまずい料理になってしまうので気を付けましょう!

簡単にいえば、買ったら石鹸で洗って焼き、野菜を炒めて、拭いてオリーブオイルで空焼きをして、最後にオリーブオイルをもう一度塗って保存する、ということです。個人的には野菜を炒める部分は飛ばしても問題ない気がします。

 

 

 

料理をした後のシーズニング

料理をした後のシーズニングは、買って初めて行う手入れと似ていますが、少し違う部分があります。買って初めに行う手入れよりも簡単です。

 

①料理の汚れをキッチンペーパー等で軽くふき取り、水洗いでタワシで鋳物器具を洗いましょう。この時に洗剤を使ってはいけません。洗剤を使うとオリーブオイルで今まで馴染ませてきたオリーブオイルや料理の脂分が落ちてしまいます。必ず水洗いで!

②乾燥したらキッチンペーパーなどを使って鋳物器具にオリーブオイルを薄く塗りましょう。

 

③オリーブオイルを塗った鋳物器具を火にかけ加熱します。

④白い煙が立ち込め鋳物器具が黒くなっていきます。煙が出なくなったら火を止めてそのまま自然に冷まします。

 

~④をもう一度繰り返します。

⑤最後にキッチンペーパーで薄くオリーブオイルを塗って新聞紙などの吸水性の高い紙でくるんで風通しの良い場所で保管して終了です。

 

注意点

スキレット等の鋳物器具は完全に冷めてから洗うようにしましょう!火傷をしないように、そして急激な熱変化で鋳物が割れてしまうことがあります。安全に、長く使いたいですね。

スキレット等の鋳物器具を触る時には、必ず鍋つかみを使ってください。鉄製等の鋳物のため、取っ手でも素手で触ると火傷します。フライパンのように無意識に手が出てしまいがちのため、注意が必要です。必ず鍋つかみや軍手、耐熱グローブを使いましょう。

 

 

 

万が一錆びてしまったら

どれだけ注意してシーズニングを行っていても、どこかでミスがあったり、保管場所が風通しが悪かったりすると錆びてしまうことがあります。

そんな時は錆びを落としてシーズニングをやり直してあげましょう。自分も錆びさせてしまったことがあります。錆びるのは原因も分からずに仕方がないこともあります。

錆びになるべく早く気づいて、手入れをし直して、使いなおすことが一番重要です。

 

火にかける

鋳物器具を火にかけて錆びのある部分をコンロなどでしっかり焼きましょう。錆びを取る前に、まず錆びを炭化させます。

錆びを削る

鋳物器具をしっかり冷ましたら、たわしなどを使って、キレイになるまで錆びを削ぎ落とします。

洗剤で洗う

今まで馴染んでいた脂分が落ちてしまいますが、洗剤できれいに洗いましょう。

シーズニング

これまでの錆び取り作業によって、今までになじんでいた油が取れてしまうため、新たにシーズニングをする必要があります。シーズニングの作業を行ってください。

鋳物器具を使い始める時に行ったのと同じようにシーズニングを丁寧に行って、錆びの予防を行うようにしてください。

 

 

以上で最初の手入れ、料理後のシーズニングについての記事は終了です。ダッチオーブン、スキレット、グリル用鉄板と共通した作業になります。

普段の料理、キャンプで鋳物器具をフル活用して美味しい料理を味わってください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

コメント