【ラグーナテンボス】子持ち家族が1番お得な年間パスポートはどれ?

家事・育児
スポンサーリンク

自分は、現在、4歳の長女と1歳半の長男の2人の子どもがいます。

子どもは家の中では1日もたないので、休みの日になると、どこかへ連れて行ってあげなければなりません。

 

この遊びに行く場所を決めるのが、楽しい反面、ときに疲れます!

 

ユウタ(左)
ユウタ

毎週、子どもを遊びにつれていく場所を考えないといけない!

  

自分は、家族で遊園地や水族館などの年間パスポートを購入して定期的に遊びに行くようにしています。

年間パスポートを持っておくとお得に、1年間いつでも家族で遊びに行くことができるので便利なんですね。 

 

 

先日(9月中旬)、愛知県蒲郡市のラグーナテンボスのシーズン年間パスポートを購入しました。この時期にラグーナのシーズン年間パスを購入するのは、一番お得に購入して遊べるからなんです。

 

ラグナシア アトラクション

  

ラグーナテンボスで子持ち家族が1番お得に楽しめる年間パスポートの種類と、購入の時期を記事にしようと思います。

 

ラグーナテンボスとは?

ラグーナテンボスとは?

 

 ラグーナテンボスは、夢、あこがれ、きらめくシーサイド。」をキャッチフレーズとした、愛知県蒲郡市海陽町にある複合リゾート施設です。

 

ラグーナテンボスの公式HPはコチラ

 

色々なアトラクションに夏はプールもある「ラグナシア」、ショッピングモールやレストランもある「ラグーナフェスティバルスマーケット」、一風変わったホテルで有名な「変なホテル」「ホテル ラグーナヒル」「ラグーナの湯」「タルゴラグーナ」などで構成され、一帯は「ラグーナ蒲郡地区」とも呼ばれています。

 

2014年8月からは、HISが設立した株式会社ラグーナテンボスが蒲郡海洋開発から「ラグナシア」、「ラグーナフェスティバルマーケット」、「タラソテラピー」を引き継ぎ、経営をしています。

 

HISは長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」も経営しており、「ラグーナテンボス」は姉妹施設になります。

 

年間パスポートには種類がある

年間パスポートには種類がある

  

ラグーナテンボスは、入園料が大人で2,200円以上、アトラクションパスポートもセットだと4,300円以上かかります。

1年に1度しか遊びに行かないのであれば、1日パスポートが良いですが、1年で複数回遊びに行くのであれば、絶対に年間パスポートがお得です。

 

年間パスポートを持つと、入園+アトラクションパスポートに加え、フェスティバルマーケットの飲食代などが10%、駐車場代も200円割引になります。

 

2020年9月末までは年間パスポートは3種類存在し、値段は次のとおりです。

種類大人
(中学生以上)
小学生幼児
(3歳以上
年間(フリー)パスポート19,600円13,400円13,400円
シーズンパスポート12,800円9,500円7,250円
平日パスポート9,800円
(2020年9月末まで)

 

ただし、平日パスポートの販売は2020年9月末で終了となり、代わりに年間パスポート、シーズンパスポートの幼児の金額が2020年10月から値下げとなります。

 

種類大人
(中学生以上)
小学生幼児
(3歳以上)
年間(フリー)パスポート19,600円13,400円7,000円
シーズンパスポート12,800円9,500円5,000円
平日パスポート
(2020年10月から)

  

平日も休みの多い大学生やフリーター、平日休みの大人にとっては値上がり、幼児の期間も4年間程なので、全体的には値上がり・・・といった感じになるようです。

 

しかし、ラグーナテンボスは本当に年間を通してのイベントが多いので、家族連れで遊ぶのは非常におススメです。

年間パスポートの種類ごとの特徴は次のとおりです。

 

年間(フリー)パスポート(使用不可期間無し)

購入から1年間、使用不可の期間などの制限がなく使うことができるパスポートです。夏休み期間も関係なく使えるので、いつでもプールに入れますが、大人の値段が高いです。

 

シーズンパスポート(夏休み期間中使用不可)

ラグーナテンボスで指定される「夏休み期間中」は使用不可のパスポートになります。夏休み期間は一般的に7月の海の日~8月末までが該当します。

プールは6月下旬~9月下旬まで入ることができるので、夏休み期間を除けば入ることができます。

年間(フリー)パスポートに比べると大人の値段が3分の2(約7,000円)安くなっているのでお得です。

 

平日パスポート(2020年9月末までの販売)

大人のみの販売で、平日限定のパスポートになります。単純な平日のみでなく、GW・夏休み・冬休み・大晦日、祝日も使用期間から除かれます。

夏休み期間の長い大学生、フリーター、平日休みの社会人の方にはお得なパスポートですが、2020年9月末で販売が中止となります。 

  

ラグーナテンボスで最も大きなイベントは夏のプール

 

ラグーナテンボスの最大の売りがなんといってもラグナシアのプールです。

プール期間は例年6月下旬~9月下旬の4カ月ほどで、7月下旬~8月末まではナイトプールも開催されます(延長開催することもあり)。

 

大波や流れるプール、温水ジャグジー、ウォータースライダーやウォーターアトラクションなど多彩なので、非常に楽しむことができます。

 

 

年間パスポートであれば除外期間無し、シーズンパスポートであれば7月の海の日~8月末までの期間を除いて楽しむことができます。

ラグーナは冬のイルミネーションや年中開催されているイベント、ラグナシア内のアトラクションも楽しめますが、何と言ってもプールが大きな売りです。

1番コスパが良いパスポートはシーズンパスポート

 

さて、ラグーナで1年間とおして楽しむなら年間パスポートを購入するのが最もお得ですが、年間パスポートの中でも最もコスパが良いのが「シーズンパスポート」です。

シーズンパスポートのコスパが優れている理由は次のとおりです。

   

年間パスポートの中でも1番値段と使い勝手のバランスが良い

シーズンパスポートは年間(フリー)パスポートに比べ、大人が約7,000円、小学生が約4,000円、幼児が2,000円安くなっています。

大人で約7,000円(年間(フリー)パスの3分の2の値段)値段が安く、使用除外期間は7月下旬~8月末まで。

使用除外期間と値段を考えると最もバランスが取れたパスポートになります。

 

夏休み期間を外してプールに入ろう

使用除外期間は7月下旬~8月末ですが、ラグナシアでプールが解放される期間は6月下旬~9月下旬です。

つまり、シーズンパスポートでも6月下旬~7月下旬、9月はプールに入ることができます。

 

夏のラグーナは暑すぎる

8月にラグナシアに遊びに行ったこともありますが、プールは入れますが、園内はとにかく暑い!

園内を少し歩くと一気に汗が吹き出します。

社会人で夏休み期間にラグナシアに行くとしても1回、多くて2回程度が一般的だと思うので、これくらいの頻度であれば、シーズンパスポートで問題ありません。

 

ラグーナ以外の近隣おススメプール

ラグナシアのプールは魅力的ですが、夏休み期間中は他のプール施設を活用するのも手です。おススメは西尾市のホワイトウェイブ21

ホワイトウエイブ21の公式サイトはコチラ

   

波のプール、流れるプール、温水ジャグジー、ウォータースライダーなどが整っていて、かなり楽しむことができます。

値段も大人(高校生以上)が520円、幼児(3歳以上)が200円とかなりお得。

ラグナシアのパスポートの差額約7,000円だと約14回分、小学生で約20回分、幼児で約10回分。

   

ホワイトウエイブ21のプールでもかなり楽しめますよ!

  

夏休み期間以外は全てのイベントを楽しめる

夏休み期間以外でもイルミネーションやプロジェクションマッピング、アトラクション、子供向けのイベントなどが1年中開催されています。

 

夏休み期間以外は全てのイベントを楽しめる

 

夏休み期間以外の約10カ月半はラグーナテンボスを満喫することができるので、シーズンパスポートでも十分楽しむことができます。

 

【まとめ】ラグーナテンボスで年間パスを購入するならシーズンパスを選ぼう!

【まとめ】ラグーナテンボスで年間パスを購入するならシーズンパスを選ぼう!

 

ラグーナテンボスを1番コスパ良く楽しむのであれば「シーズンパスポート」を購入するのがおススメです。

大人2人、小学生1人、幼児1人でそれぞれ年間パスポートを購入するのであれば、

年間(フリー)パスポート = 59,600円

シーズンパスポート    = 40,100円 

 

となり、差額は19,500円(約20,000円)となります。

 

夏休み期間はラグナシアで遊べませんが、プールであればホワイトウエイブ21(西尾市)、屋外体験であれば駒立のぶどう狩り(岡崎市)(駒立ぶどう狩りに関する過去記事はコチラなどで楽しむことができます。

 

その他の期間は、年間(フリー)パスポート同様にいつでもラグナシアで遊べるので、問題ありません。

愛知県、特に三河地方に住んでいる人で、これから1年間遊べる場所を探している場合はラグナシアのシーズンパスポートはいかがでしょうか?

  

ヒマをせずに楽しむことができておススメですよ!

 

本日の記事は以上になります。最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

コメント