【SR9910のコスパを超えた】ダイソーのBluetoothスピーカー、WS001(1,000円)をレビュー

ライフハック
スポンサーリンク

こんにちは、ユウタ(@yu_taok1)です。

以前、ダイソーで販売されている、コスパに優れたBluetoothスピーカー SR9910 について紹介させていただきました。

 

 

ユウタ
ユウタ

SR9910は500円(税抜)という低価格ながらコスパに優れた素晴らしいBluetoothスピーカーでした!

 

ところが、ダイソーで新しくSR9910の進化版ともいえるBluetoothスピーカーが販売されているということで、早速購入して使ってみることにしました。

 

進化版Bluetoothスピーカー「WS001」

進化版Bluetoothスピーカー「WS001」

進化版のBluetoothスピーカーが「WS001」になります。

カラーはホワイトとブラックがあるのですが、店舗にはホワイトのみ並んでいたので、ホワイトを購入しました。

 

自分の市にあるダイソーの店舗を何店舗か見ましたが、売り切れてしまっているのか、そもそも売っていない店舗も多く、なんとかホワイトを見つけることができたという状況です。

 

ダイソー公式ページの商品案内はコチラ

 

箱を開けると、中身は本体、解説書、micro USBケーブル、ストラップが入っています。

 

進化版Bluetoothスピーカー「WS001」

 

 

ボタン類は本体の上部と背面にあります。

 

進化版Bluetoothスピーカー「WS001」
上部

  

進化版Bluetoothスピーカー「WS001」
背面部

 

★メニューボタンは製品上部にあり

★背面にUSBコネクタやmicro SDカードに音楽を入れて音が聞けるよう挿入口あり

★背面のmicro USBコネクタは充電用

 

サイズはSR9910と同サイズですが、重さは少し重くなっており、持つとずっしりとした印象です。

 

さらに、このWS001は2台使用することでステレオスピーカーとして使用することもできるとのこと。

面白い機能ではありますが、自分は1台1,000円(税抜)というダイソーの中では高価格ということもあり1台のみの購入なので、ステレオスピーカーとしては使いません。

 

上部のボタンは、電源ボタン、-ボタン、+ボタン、▷ボタンの4種類が存在します。

 

ボタンの説明 

  • 電源ボタン 電源ON/OFF(長押し)
  • -ボタン  音量Down(短押し)、前の曲に戻る(長押し)
  • +ボタン  音量Up(短押し)、次の曲に戻る(長押し)  
  • ▷ボタン  再生、一時停止、通話ON・OFF、2回押しで2台目接続(ステレオ化)

 

ボタン4つのシンプルな作りながら、必要な機能はしっかりと備わっており、使いやすくて良いですね。

 

WS001とSR9910の機能比較

WS001とSR9910の比較

では、次にSR9910との機能の比較をしてみようと思います。

値段が税抜きで500円、1,000円と倍の違いがありますが、機能差はどのようになっているのでしょうか。

 

WS001とSR9910の比較
左:WS001 右:SR9910

 

 

品名WS001SR9910
価格(税込)1,100円550円
重量約200g約135g
ブルトゥース規格Bluetooth5.0Bluetooth5.0
通信距離10m10m
スピーカー効率不明3W、4Ω
SN比不明≧65dB
バッテリー充電時間3.5時間3.5時間
連続使用可能時間14時間2.5時間
バッテリー容量3.7V 1200mAh3.7V 500mAh
周波数特性100Hz~18KHz20Hz~18KHz
材質本体:ABS樹脂
スピーカーネット:鉄
ボタン部分:シリコンゴム
ABS樹脂、ポリエステル
充電端子micro USB micro USB
メディアスロットUSB Type-A、Micro SDUSB Type-A、Micro SD
電話応答機能
Aux入力端子

 

いくらか数値が不明な部分はありますが、機能を見るとやはり全体的に向上されています。

連続使用可能時間が大幅に伸びているのが非常に嬉しいところです。

 

自分はノートパソコンのスピーカーとして使用している他に、市民農園での畑作業中やキャンプなどの屋外でも使用するので連続使用可能時間がこれだけ伸びていると、非常に助かります。

 

WS001とSR9910を使ってみた感想

WS001とSR9910を比べてみて

それではWS001とSR9910を比べてみての感想です。

 

ユウタ
ユウタ

自分の感想としては、購入するなら断然WS001ですね!

 

まず、充電時間が3.5時間と同じにもかかわらず、連続再生可能時間が14時間と2.5時間と約5.5倍の差があります。

 

再生時間2.5時間というのは再生時間が短く、頻繁に充電を行うか、常に充電をし続けながら自宅で使うという選択肢になってきます。

 

一方、14時間連続再生が可能であれば、屋外でもある程度充電不要で使い続けることができ、かなりストレスフリーになります。

 

また、音質もWS001の方が重低音を拾っており、音に厚みがあります。SR9910の方が少し音が軽くて薄い感じがします。

 

気持ちよく音楽やラジオを聴くにはWS001の方が向いています

 

以上から、価格が550円と1,100円の差の違いであれば、WS001の方がコスパが高いといえるでしょう。

 

【まとめ】ダイソーでBluetoothスピーカーを購入するならWS001

【まとめ】ダイソーでBluetoothスピーカーを購入するならWS001

今回はダイソーのBluetoothスピーカーWS001について紹介させていただきました。

 

少し前にSR9910を購入してレビューをしましたが、機能面からWS001の方が優れており、安く快適に使うなら断然WS001の方がコスパが高いと思います。

 

世の中には色々なBluetoothスピーカーが販売されていますが、最初の1台に買ってみるのであれば、WS001が価格も1,100円(税込)と手頃で機能も充実しているのでおススメです。

 

カラーもホワイトとブラックがあるので、興味がある方は是非購入して使用してみてください。

 

本日の記事は以上になります。最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

コメント