【おススメ】Amazonで人気のEonfine 電子タバコ(ベイプ)を購入したのでレビューする

役立ち情報
スポンサーリンク

こんにちは、ユウタ(@yu_taok1)です。

自分はもともと喫煙者でしたが、数年前からタバコを辞めて、現在は禁煙者です。

 

ユウタ
ユウタ

今は禁煙社会ですし、禁煙すると医療保険も安くなったので数年前から辞めてます。

普段は吸わなくても何ともないですが、お酒を飲むと、吸いたくなっちゃいますね。

 

自分が吸い始めた10年以上前は1箱320円前後だった気がしますが、煙草は年々、値段が上がっており現在は500円程。

大体、3日程で1箱吸っており、3,000~4,000円/月程かかっていましたが、今の価格だと5,000~6,000円程ですね。

けっこうお金かかります。

 

しかし、最近は仕事でストレスを感じることも多く、休憩時間などに一息をつきたい気持ちが強くなってきました。

なんとなくタバコを吸いたくなってきます。

 

でも、煙草はお金がかかる、服が臭くなる、副流煙で周り・家族にも悪影響、医療保険の値段も上がる、社会に逆行している・・・となかなかハードルが高いものです。

 

そこで、健康に害がなく、コスパも高いベイプを購入して使用することにしました。

 

VAPE(ベイプ)=電子タバコは実際には煙草ではない

VAPE(ベイプ)=電子タバコは実際には煙草ではない

 

まず、ベイプは「アイコス」「グロー」「プルームテック」などで有名ないわゆる「加熱式タバコ」とは違います。

  

加熱式タバコは実際に税金もかかっている煙草に分類されますが、電子タバコ(ベイプ)は煙草ではありません。

 

一般的に、加熱式タバコはグリセリンを含んだタバコ葉を、燃やさず高熱で加熱することによってニコチンを含んだ蒸気を生じさせ、吸い込むのが特徴です。

 

ベイプはタバコ葉の代わりに香料となっており、ニコチンやタールを含んでいません。そのため、一般的に「電子タバコ」と呼ばれているものは、日本国内ではニコチンを含まないので正確には「タバコ」ではなく、禁煙道具としても使われているのです。

 

また、色々な香り、味のリキッド(液体)で楽しむことができるベイプは分類的にはアロマ機器に近い存在です。

コメント