【パート⑧(手術9か月後)】品川近視クリニック名古屋院でICL(フェイキックIOL)手術をしたら視力が2.0になった体験談

ICL手術
スポンサーリンク

こんにちは、ユウタです。

最近、ICLについて、ブログからのお問合せや、ブログを読んでTwitterからコメント、DMをいただくことが増えてきました。

直接、ブログを読んだ、読んで応答をもらえるということはとても嬉しいものです。

 

ユウタ(左)
ユウタ

ブログ読んで応答をもらえるのは非常に励みになります!

 

自分は、もともとレーシックを考えて、クリニックへ相談に行ったのですが、強近視であることからレーシック手術が困難でICL手術を勧められました。

 

それからは周りにICL手術の経験者もいないため、ネット上でいろいろな情報を集めて調べることをしていました。

 

ネット上にも何人かの経験者のブログがあり、結構参考になったので、このブログも自分のようなICL手術を検討し、調べている人のためになるべく時系列的に記事を書いています。

これからも少しでもそういった人の参考になると嬉しいです。

 

さて、ICL手術を行って、9カ月が経過しましたので、最近の経過を書こうと思います。

 

本当は、6カ月検診にも行きたいのですが、新型コロナウイルス感染症の関係で電車などを避けているのでまだ行けていません!

以前、1カ月遅れの3カ月検診に行った時に眼に異常を感じなければ、時期は変動しても大丈夫・・・、というようなことを言われたので、少し延ばしてしまっています。

 

近く、きちんと検診にも行こうと思います。

   

視力は変わらず、両目とも1.5以上をキープ

視力は変わらず、両目とも1.5以上をキープ

 

つい先日、職場の健康診断(1年検診)で視力測定がありましたが、その時の視力は両目とも1.5以上でした。

というのも、一番良く見える部分が1.5だったため、それ以上の測定はできませんでした。

 

前回同様2.0かもしれませんし、1.5かもしれません。

ただ、視力が落ちている感じも無いため、前回の品川近視クリニックの3カ月検診の際の視力測定と大きくは変わっていないと思います。

 

職場の1年検診での反応

職場の1年検診での反応

 視力測定の際に、相手の看護師さんが少し困っているようでした。

 

問診表にチェックしますね。裸眼ですか?

ユウタ(左)
ユウタ(左)

今年初めにICL手術しました。眼内コンタクトレンズです。これはコンタクトレンズの区分ですかね?

???レーシックみたいなものかな。コンタクトレンズでいいのかな?

コンタクトレンズにチェックで、枠外に眼内コンタクトレンズって記載しておいて。

ユウタ(左)
ユウタ

(やはり、ICLは珍しいんだな・・・)

レーシックと比べても、ICL手術はまだ少し珍しいようです。

ただ、コンタクトレンズによる視力矯正なので、区分的にはコンタクトレンズになるんでしょうね。 

ICL手術で生活の中で快適になったこと

ICL手術で生活の中で快適になったこと

  

ICL手術から9ヶ月が経過しましたが、今のところ、生活の中で快適だと感じていることを書こうと思います。結構色々あって、かなり助かっています。 

   

仕事中の眼鏡のストレスから解放された

眼鏡の頃は定期的に眼鏡の存在が気になって、位置を直したりしていましたが、それもなくなり、また長時間付けていることによる眼鏡の留め具による鼻の上、フレームの重さによる耳の上の痛みからも解放されました。

 

夏場だと外に出たり、残業中でクーラーの効きが悪いと汗で眼鏡の位置がズレる・・・という悩みも完全になくなりました。

とにかく仕事中の眼鏡のストレスから解放されて、集中力もアップしましたね。

  

市民農園の作業、キャンプでも汗が気にならない

自分は趣味で市民農園、キャンプをしていますが、市民農園の作業はとにかく汗をかきます。

夏場は当然ながら、秋でも土を耕したり、畝を起こす、草取りなどをしていると汗をかいてきます。

 

今までは汗をかいたらタオルで拭いて眼鏡の位置を直す、眼鏡に汗が付くと細かい土の粉末が付くので丁寧に拭き取る(無理やり拭くと眼鏡のコーティングが取れるので)・・・、ということをしていましたが、その悩みから解放されました。

 

また、キャンプは夏場はとにかく汗をかくのでこちらも眼鏡が非常に邪魔でしたが、その悩みからも解放されました。

 

ジムのランニングマシーンも快適

定期的にジムへ行ってランニングマシーンで走っていますが、とうぜん走っているうちに汗をかいてきてタオルでふきます。

また、眼鏡も汗でズレ、タオルで拭いてもすぐに汗が出るのでまた眼鏡がズレる・・・、最終的に眼鏡をとって走るようになります。

 

しかし、自分は両目とも視力が0.1ない(0.04~0.06)ので、眼鏡がないと消費カロリーや残り時間などのデジタル数値が見えません。

なんなら、足場もしっかりと見えなくなります。

これは非常に危険で、疲れて少しふらつくとランニングマシーンの足を置く場所を誤って転倒する可能性もあります。

 

そういったことからも解放されたので、非常に快適です。

   

川、海でも気にせず潜ることができる

自分は高校2年~大学1年生の3年ほど頑張ってコンタクトレンズを付けていましたが、どうにも目に合わなかったので、ずっと眼鏡にしていました。

また、強度の近視のため、眼鏡がないと何も見ることができません。

 

川や海に潜る時は眼鏡をとるため、何も見えなくなります。

度数の入った水中眼鏡もありますが、強度の近視のため、なかなか対応できるものがなく、またコンタクトレンズも目に合わないので、水中をしっかりと見える状態で潜るのは、15年ほど経験がありませんでした。

ICL手術を行ったことで、しっかりと見える状態で水中に潜ることができるようになりました。

高校時代、海で銛を使って魚を捕まえたりもしていたので、これからは久しぶり、15年ぶりに銛にも挑戦しようと思います。

   

銭湯、サウナにそのまま入ることができる

近くの銭湯で10回分の回数券を購入して、定期的に家族で入ることが日課ですが、眼鏡を付けてお風呂に入るとコーティングが取れてしまうので、眼鏡を付けたままのお風呂は好ましくありません。

 

しかし、眼鏡がないと何も見えないので、今までは眼鏡を付けた状態で銭湯に行っていました。

また、サウナに入る時も眼鏡が傷んでしまうので、取らなくてはいけません。しかし取ると、サウナに置いてあるテレビ、タイマーを見ることができませんでした。

 

さらに銭湯では常に眼鏡をかけていないので、知り合いに合っても気付かない、もしかすると目を細めて睨んでいるように思われていることもあったかもしれません・・・。

 

眼鏡がなくなったので、銭湯、サウナをしっかりと楽しんではいることができているので非常に助かっています。

 

飲み会で疲労マックス ⇒ 布団へ直行できる

これはあまり良くないことなんでしょうが・・・笑。

 

自分は眼鏡なので大きな変化はないんですが、通常のコンタクトレンズを付けている人は、外で飲んで酔っ払っていたとしてもコンタクトレンズはきちんと取らなくてはいけません。

付けたまま寝てしまうと、翌朝目が痛い、充血するなんて目の健康にもよくありません。

 

ICLだと目から外す必要がなく、酔っぱらってそのまま寝てしまっても、翌朝目の心配をすることがないので、普段コンタクトレンズを付けて飲み会が多い人にとっては非常に助かると思います。 

(お酒はほどほどに・・・) 

 

ハローグレア現象に対する感想

ハローグレア現象に対する感想

 

続いて、ハローグレア現象に関する現状です。

ICLに関する体験談の記事で前回(【パート⑦(~3ヶ月検診)】品川近視クリニック名古屋院でICL(フェイキックIOL)手術をしたら視力が2.0になった体験談)も少し触れさせてもらいました。

 

3カ月検診の際は、ハローグレア現象の光輪は見えるけれど慣れて、あまり気にならないレベルでした。

  

ハローグレア現象とは

ハローグレア現象について、改めて簡単に説明すると、ハロー(halo)とグレア(glare)を総称した呼び名であって、具体的に起こる現象の内容は、

   

  • ハロー:光の周りに輪っかが見える現象
  • グレア:光がまぶしく輝いて見える現象

 

という感じです。

 

ハローグレア現象が起こる原因

このハローグレア現象の起こる原因は、ICLのレンズに穴が開いているのが原因と言われています。

ICL(穴あき後房型ICL、ホールICL)のレンズ中央には、直径0.36mmの穴が開いており、この穴により目の中の水の流れが保たれ、眼圧上昇を抑える事ができています。

 

つまり、この穴は目の状態を健全に保つために必要な穴ということです。

 

この穴に光が反射することによって、ハローグレア現象として光の輪が発生するため、キレイな円形の輪が見えます。

 

【結論】全く気にならない

前回の術後4ヶ月の際は光輪は見えるが、気になるほどではないという感想でした。

術後9か月後の現在の様子としては、光輪は変わらず見えますが、相変わらず全く気になっていません。

 

また、光輪が見えても慣れてしまっているため、日に日に気にならなくなっています。

 

光輪が見えるのは、外が暗い中で街灯などが集中して目に入ってきた時ですが、運転などの生活に支障をきたすレベルのものではないので、通常であれば、慣れて気にならないと思います。

 

【まとめ】ICL手術9カ月経過も経過良好

【まとめ】ICL手術9カ月経過も経過良好

 

ICL手術後、9ヶ月目の経過を記事にしました。

相変わらず、目の状態、視力ともに良好で、私生活でも眼鏡から解放されて、快適な生活を送ることができています。

 

定期的な検診に通いながら、このまま快適な生活を継続していきたいですね。

今後も手術後の経過などをブログ、Twitterなどで報告していこうと思います。

 

友達紹介割引のクーポンの発行が必要な方はお問合せかTwitterでDMをお願いします(宣伝)

 

品川近視クリニックの確認・予約は☟から

ICL

 

本日の記事は以上になります。最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

コメント